すべてがNになる。

森ミステリィを愛するあなたへ。
by n-uni
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
Daily Diary :
Mori Academy

My Sister's Blog :
すべてがSになる。

Special Thanks :
★ayakoさん
Mystery in the Arms
of Morpheus(MAM館)

ayakoのつぶやき
★shoegirlさん
☆SHOEGIRL☆
★Chubbさん
積ん読帳
Chubb's Chamber
* Reading Room

★maruzzzさん
星ねずみの呟き
すべてがKになる日々
★kagerou-kiriさん
そして探偵だらけになった
★nanakikaeさん
日々是読書
★shelf_markさん
ホンノコト
★kanta-kさん
砂をつかんで立ち上がれ
★revolvergdsdさん
時計仕掛けの眠る犬
★さとみさん
MilkyWayのひとしずく
★mikingさん
ゆるりとブログ!
★setuさん
KIDBOX
★どん底スイミングスクールのみなさんによる
どブログ
★モンキーターンさん
モンキーターン
★takezeuさん
takezeu(*σωσ*)blogyu#
★JiNGさん
7th Heaven.
★homeandhomeさんの
化物の進化
★こずえさんの
Bathing Bear
STUDIO BEAR by Kozue

■□■森博嗣博物館へようこそ■□■

はじめまして。
森ミステリィに登場するN大学や那古野市をはじめ、
いろいろなところの写真を携帯のカメラで撮っては投稿してきました。
ある程度の枚数になったので現在は更新していませんが、
最近森ミステリィにはまった方や、以前から大好きだったけど、
愛知県外の方でなかなか那古野市まではこれない!という方の
少しでもお役に立てたらと思います。

[PR]
# by n-uni | 2007-03-31 00:00 | お知らせ | Comments(0)

[那古野駅] 星降る街で逢いましょう。

b0050569_21471978.jpg
毎年の恒例となりました、JRセントラルタワーズのイルミネーションをようやく写真におさめました。


b0050569_2149146.jpg
今年のテーマは「星降る街で逢いましょう。~夜空と光たちの語らい~」です。


b0050569_21494352.jpg
17時になると、一斉に点灯し、その瞬間を待ちわびていた人たちから、思わず歓声がもれます。


b0050569_21502196.jpg
そして写真では見えませんが、5本のツリーが夜の街を彩ってくれます。鈴蘭(スズラン)のような街灯が、淡い光を放っています。


b0050569_2151980.jpg
おや、毒キノコ?


b0050569_21514155.jpg
こちらはスノーマン。カップルや家族連れで写真を撮る人であふれていました。


b0050569_21523562.jpg
キラキラ光るツリー。なんだかお菓子のように美味しそう・・・。


b0050569_2154640.jpg
冬の星座たちが、一堂に会しました。しし座、かに座、ふたご座、ぎょしゃ座、おうし座、おひつじ座、こいぬ座、おおいぬ座、オリオン座。


b0050569_21552947.jpg
そして、こいぬ座、おおいぬ座、オリオン座の3つの星を結んでできるのが、冬の大三角形です。




⇒ 公式ホームページはこちらから
[PR]
# by n-uni | 2005-11-20 21:56 | 地下鉄沿線 | Comments(0)

Moriwiki & MoriLogBBS

wikiのアドレスが変わりました。

↓こちらから。
森博嗣wiki

一緒に作っていきましょう!!


こちらも移行されて、なんだか【国語】【算数】とか科目ごとに
整理されたりとほんとにアカデミックになりましたね。
生徒のみなさんが書き込むページもできて、面白くなって
きましたよ。

Mori Academy

 → MLA掲示板をクリック。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-31 01:01 | お知らせ | Comments(0)

Mori Tower

b0050569_0163528.jpgですよ。
ただし、東京のですが(笑)

六本木ヒルズに行って撮ってきました。
近くには森美術館もあったりと、ニヤリとしてしまう場所でした。

そういえば、テレビ朝日前でハローウィーンのイベントをしてましたね。今年も残りわずかだなと思いながら、『四季・秋』のワンシーンを読んでいました。
何度読み返しても、ドキドキしてしまいます。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-31 00:25 | 愛知県外 | Comments(0)

妻にも**したことを半年ほど話さなかったくらいです。

大学の話をしましょうか―最高学府のデバイスとポテンシャル

タイトルはp.76より。

大学とは不思議なところですが、そこに森先生が「今だから言える」というか、「今まで言ってたけど」ということを書いています。

大学にいるときには、心理学を勉強したり、化学の実験をしたり、就職したらもう一生そんな機会はないと思いますから、是非、広くいろんな分野に触れてほしいと思います。自分に投資する、ということです。きっと歳をとってからそれが役に立つでしょう。直接知識が役に立つ、という意味ではありません。発想が違ってくる、ということです。(p.117より引用)


このコトバはとても嬉しかったです。大学では虚学をやっていましたから、社会人になってからお金や経営といったバリバリの実学に関わるようになって、「ずいぶん1年前と違うことやってるな」と思います。

ですが、大学4年間でやったことは、自分にとって発想の源泉になっています。**学を専攻していたから、見えてくるものがありますし、4年間で自分が触れてきたものは、少なくとも同じ会社にいる人は知らないことです。

たとえば法学部に行く人がみな、弁護士になるわけではありませんが、法学部で法律を勉強した人には、なんらかのリーガルマインドが身につくと私は考えます。

***マインドとは、一言で言えば、【結びつける力】です。弁護士の仕事ぶりを考えたらわかりますが、ある一定の事象に対して、ある法律を結びつけます。それは、自分の中に大量の法律的知識、実務的経験を通過させて、ある一定の事象が触れた瞬間に、ある法律に瞬時に結びつく回路を構築しているからです。

そんな、【なんとなくこれじゃないの?】というとっかかりをつくることが、人間の幅を広げるのでは、と思います。アンテナをたくさん立てる、ということでしょうか。大学生のうちにこれができると、社会人になっても圏外ということはないのでは・・・。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-27 00:56 | Novels | Comments(2)

10/1(土) 【HR】 ひさしぶりの日記


 言うは易く、言わぬが花。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-06 23:23 | お知らせ | Comments(4)

[那古野] もう1つの摩天楼

b0050569_2251130.jpg那古野市にタワーズができたのが2002年でした。
不思議なことに、那古野市というのは日本3大都市に入るというのに、ビルらしいビルがなかった都市です。

そこに突如として、2つのタワーをもつJR那古野高島屋セントラルタワーズができました。

そして片方の52階には、那古野市を一望する展望台ができました。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-06 22:56 | 那古野市内 | Comments(0)

[那古野] 時は流れて

b0050569_22581746.jpg展望台から見下ろす地上は、音もなく、静かに時が流れています。車の連なりだけが、ひっそりと現実世界であることを思い出させてくれます。







この展望台は、10月2日をもってその役目を一旦終えることになりました。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-06 20:57 | 那古野市内 | Comments(0)

[那古野] 陽かりさす庭

b0050569_2372469.jpgいつかどこかで、それがあったことを話すときがあるかもしれません。人の記憶の中に息づいている限り、それはたしかにあったりします。






なんとなく祈りを込めて。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-06 19:05 | 那古野市内 | Comments(0)

半年間の沈黙を破って。

いわずもがな。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-01 00:01 | お知らせ | Comments(2)

τなるまで待って

τになるまで待って

嵐の山荘。密室構造。
ミステリーに森ミステリィが挑む
のも、興味ひかれました。

でも、やっぱりアンチミステリーと
いうか、森ミステリィです。
最後の最後で、魅せてくれます。

どういうこと?というあなたに、書店で緑色の表紙が待っていますよ。
[PR]
# by n-uni | 2005-10-01 00:00 | お知らせ | Comments(2)

~今後の出版予定~


 秋になりました。レイアウトを変えてみました。
 崩れてしまいますが、それはそれで、趣があるかなと。


 10月
    『大学の話をしましょうか』新書(中央公論新社)
    『森博嗣のTOOL BOX』単行本(日経BP社)
    『ダウン・ツ・ヘヴン』ノベルス(中央公論新社)


 11月
    『赤黒白』文庫(講談社)
    『ナ・バ・テア』文庫(中央公論新社)

 12月頃
    『100人の森博嗣』文庫(メディアファクトリー)
[PR]
# by n-uni | 2005-09-30 23:59 | お知らせ | Comments(0)

さようなら愛・地球博

9/25 万博閉幕。
最終公式入場者数は22,049,544人でした。
(ちょっとデータが重いですが、2,200万人への道も必見です)

万博って、結局どんなだったんだろう。
そんなあなたのために、<万博・昼の部><万博・夜の部>
ご用意しました。もちろん夜の部は、・・・で公開中です。

では、ゆっくりとお楽しみ下さい。

Yu■

※ 万博閉幕後、リンク切れするかもしれないので、お早めに。
[PR]
# by n-uni | 2005-09-25 22:00 | 愛・地球博 | Comments(0)

[8/6 18:50] リニモに揺られて

b0050569_15511272.jpg1日の万博ツアーを終えて、あとは帰るだけです。

帰りのリニモも、お客さんで大混雑。
というわけで、1本遅らせて座って帰りました。
疲れからか藤が丘駅に着くまで眠っていました。


携帯電話に万歩計機能がついているので
みてみると、13,000歩、歩いていました。
でも、ほとんど歩いては止まり、だったような。

というわけで、<万博・昼の部>はここまで。


腕試しに、万博検定はいかがでしょうか。
ではでは。
[PR]
# by n-uni | 2005-08-06 18:50 | 愛・地球博 | Comments(2)

[8/6 18:05]  アクトロイド

b0050569_15425916.jpg万博も終わりが近づいてきました。
帰ろうと北ゲートに行くと、人だかりが。
みんな話しかけています。

接客ロボット・アクトロイドは、
各ゲートに配置され、言葉を投げかけると
答えが返ってきます(・・・たぶん)。

近くのお土産屋さんでは、
みんな最後の買い物をしていました。
お土産屋さんで行列ができるなんて・・・。
[PR]
# by n-uni | 2005-08-06 18:05 | 愛・地球博 | Comments(0)


以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧